情報

トヨタがEVで遅れた理由と未来への全方位戦略とは?

ECOOS
ECOOS

いや、マイッタね

EV ONE
EV ONE

どうしたの?エコーズ?

ECOOS
ECOOS

トヨタってEVが遅れてるってさ、ネットでみたよ

EV ONE
EV ONE

そりゃあ、トヨタが今までに積み上げてきた技術や考え方が違うからね

ECOOS
ECOOS

??どういうこと?

EV ONE
EV ONE

トヨタは長年にわたって、ガソリン・ハイブリッド車を中心に開発をしてきたんだ。そのため、燃費のよさや耐久性、安全性など、ガソリン・ハイブリッド車に必要な要素については非常に高い技術力を持っているんだよ

ECOOS
ECOOS

な~るほど、でもそれがEVに関係あるの?

EV ONE
EV ONE

EVはエンジンがないから、ガソリン車やハイブリッドとは違った技術や考え方が必要になるんだ。例えば、電池の性能や充電の仕組み、モーターの効率など、トヨタがこれまでに培ってきた技術とは違う分野が求められるんだ。

ECOOS
ECOOS

ほー。でもトヨタは今後どうしていくんかな?

EV ONE
EV ONE

トヨタはEVの普及に向けて、独自の戦略を展開しているんだよ。ちょうどいいので今日はそれを紹介させてもらうね!

 

近年、電気自動車(EV)の普及が世界的に加速していますね。

 

しかし、自動車業界のリーダーであるトヨタは、なぜ電気自動車の普及に遅れをとったのでしょうか?

この記事では、その理由とトヨタの今後の全方位戦略について、紹介したいと思います。

 

記事内

トヨタの遅れの背景

トヨタは、長年、環境に優しいハイブリッド車(HV)の開発に力を入れてきました。

そのため、電気自動車へのシフトが遅れる要因となったと思います。

 

また、トヨタは燃料電池車(FCV)にも注力しており、これが電気自動車への取り組みを後回しにしていたとも言われています。

実際にはEV化を行うとこれまで内燃機関を得意としてきた会社の雇用が失われるというところが実状の様。

その数はおよそ100万人以上だとか。

 

自動車産業が目指しているのは、あくまでもCN(カーボンニュートラル)の世の中であり、EVの普及ではないことも理解できます。

 

 

バッテリー技術の問題

電気自動車の普及には、なによりもバッテリー技術が重要です。

しかし、トヨタはバッテリー技術において競合他社に比べて遅れをとっていました。

これはトヨタが独自のバッテリー技術を開発しようとしていたためと言われています。

その後、開発が難航し、結果的に電気自動車の普及に遅れをとることになりました。

 

それに対し、テスラやBYDなどはバッテリーを自社生産できるために、非常に優位なポジションにいるといえます。

いくらトヨタと言えど、EV一本ではなかなか追いつけないところまで来ていると感じているのではないでしょうか。

created by Rinker
交通タイムス社
¥1,200 (2024/02/22 22:37:08時点 Amazon調べ-詳細)

市場の変化への対応

トヨタは、世界的な自動車市場の変化に対応するため、全方位戦略を採用しています。

これは、電気自動車だけでなく、ハイブリッド車や燃料電池車など、さまざまな環境技術を開発し、市場のニーズに応じて対応する戦略です。

しかし、この全方位戦略が、電気自動車への取り組みを散漫にしてしまったとも指摘されています。

 

ただそこはリーディングカンパニーの辛いところ。

トヨタの役割はEV一本槍ではなく、世界各地の実情に合わせてEV・PHV・HVを提供していくことにあるんでしょうね。

 

今後のトヨタの取り組み

トヨタは、電気自動車の普及に遅れをとったことを受け、今後は電気自動車への取り組みを強化していく方針です。

具体的には、トヨタは2023年4月7日の新体制方針説明会で、2026年までに10モデルの電気自動車(EV)を市場に投入し、年間150万台を販売する計画を発表しました。

 

また、トヨタはバッテリー技術の開発にも力を入れており、新たな固体電解質バッテリーを開発することで、電気自動車の航続距離や充電時間の問題を解決しようとしています。

 

新体制方針説明会 | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
トヨタ自動車(株)は、4月7日(金)13時30分より新体制方針説明会を実施しました。説明会の模様を動画でご覧いただけます。

 

さて、いかがだったでしょうか?

トヨタが電気自動車の普及に遅れをとった理由は、ハイブリッド車や燃料電池車への注力、バッテリー技術の遅れ、全方位戦略の散漫さが挙げられます。

 

しかし、トヨタは今後、電気自動車への取り組みを強化し、バッテリー技術の開発にも力を入れることで、電気自動車市場での競争力を取り戻そうとしています。

今後のトヨタの動向に注目しましょう。

シェアする
EV ONEをフォローする
EV ONE

コメント

タイトルとURLをコピーしました